ソフトウェア開発に必要なスキル
ソフトウェア開発という仕事は、ITを駆使して問題を解決するサービスを構築することです。

・その問題を解決するために必要なシステムがどのようなものであるか?
・どのようにすればそのシステムを創り上げることができるのか?
・どの程度のコスト(期間的・金額的)が必要とされるのか?

という点をしっかりと協議し、一つの回答を導き出します。
これらを詳細にブレイクダウンしていき、

・どのようなスケジュールで作り上げるか?
・どのようなスキルを持ったエンジニアが必要か?
・どのくらいのエンジニアの数が必要か?
・どのようなリスクが存在しているのか?

という点をしっかりと把握し、日々の作業工程に落とし込んでいきます。


これらの仕事を取り仕切り、ゴールに向かわせる先導役をプロジェクトマネージャー
プロジェクトの目的を理解した上で、技術的側面を考慮し、システムをデザインする役をシステムエンジニア
デザインされたシステムをプログラムコードに書き直す仕事をプログラマー
と呼んでいます。